2011.09.13

 食卓 (追記)

 次男の友達のお父さんのさわくんが、沖縄土産をいっぱい持って家に来てくれた。

 息子くんは施設に入ってるので、昨日はお父さんだけの訪問。

 うちの息子たちのことを、本当に大切におもってくれてるようで、ありがたいし恐縮する。

 私は今首が腫れた状態で(明日病院)、午前中には婦人科にも行ってきたし(そちらは大丈夫そう)、万全ではないのだけど、みっともない姿も見せられるような相手。

 お客さんというのはこっちが身構えるとたいへんになるけど、ありのままで良ければ(部屋も散らかったまま)楽なものだ。これはオバチャン化なのか、もともとの私の性質によるのか。

 当然相手次第でもあり、昨日の場合は、さわくんが色々たいへんな思いをしてきてる人だから、器が大きく、安心できるのだと思う。

 ゆるい話から日本を憂うような真面目な話までして、流れで夕食を食べていってもらった。

 お客のことは何も考えてなかったから、家族の分から少しずつ。

 炊きたてご飯、具だくさんの豚汁(すりおろした生姜も入れると美味しいよ)、冷ややっこ(茗荷とネギと生姜)、切り干し大根の煮物(作り置き)、もずくと胡瓜の酢のもの、ぬか漬け、たくあん、らっきょう。

 冷蔵庫に、煮た鰯とオリーブオイルで焼いた鰯、イカとトマトと胡瓜のマリネもあったので(それらは前日の夫作)、昨日は簡単に作っただけだけど、さわくんはとても喜んでくれた。

 最近は産地を気にすると、どうしても昔ながらの粗食になり、それはそれでいいことだと思っている。申し訳ないけど、高知や宮崎や沖縄の食材だと安心する。

 束の間の団らん(夫はまだ)に、さわくんは「幸せだなあ」と何度か言った。

 たまたま家族一緒にご飯を食べる、という絵から遠くなってしまったかもしれないけど、あと何年かがんばれば、さわくんにもこんな風景がきっとできる。

 なんだろな、元々母性というか博愛精神が強めで姉御肌的というか、話が楽しくて食事時に差し掛かれば、あるものをどうぞ!という感じだったけど(実は、先週も初めてお会いした母子にお昼ごはんを食べていってもらった)、そういうことに、以前は変に緊張したりしてたけど、気負わずできるようになってきて、自分でもうれしい。

 心が折れそうになるニュースがいっぱいの今だけど、ひとつひとつの食事がなんとかうまくやれたら(自分にできる最善で子供たちのためになんとかできたら)、だいじょうぶな気がする。

 健康面の不安も元々抱えているけど、みんなに助けてもらいながら、だいじょうぶ、きっとだいじょうぶ!って思いながら、一日一日を前向きに過ごしています。

*****

 

 (追記) 自分のための記録として

 後日さわくんがmixi日記に書いてくれた言葉の中から・・・

 まず、我が家のことを「むーくんと愉快な仲間たちハウス」と名付けてくれていた(うれしい♪)

 そして、ふだん人様のことを描写してばかりいるけど、自分が描写されることは少なく新鮮だったので、記念にコピーさせていただく。

<率直に。今の僕には羨ましく憧れる事「家族」特に我が子が男の子。僕も男。だからこそ、むーくん家族を見る事は僕にとって、目標になるから良い刺激を受ける。さらに、まーちゃんの人柄も非常に魅力的で、様々な体験を身をもって体感しているから自覚力が強く物事の視野と観点が広く達観している。だからこそ話が聞きたくなる貴重な輩(ともがら) >

 毎度のことながら涙が出てしまった。

 さわくんはシメに

<楽しい一時に心身共に温まりましたほっとした顔

 「ごちそうさまでした」
 「ありがとうございました」>

 と書いてくれていた。

 一期一会の食卓(流れでお出しした粗食なのに)が、輝く思い出になった気がした。
 
 

 こちらこそ、ありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2011.02.08

 自家製しめさば

 

Photo

Photo_2

 夫が作った「しめさば」と煮魚(こち)。家庭用の盛り付けなのでお恥ずかしいけど。

 蒲郡からの帰りに、サンヨネに寄り(地元のスーパーで、海産物問屋さんから始まったので、魚や乾物などが豊富)、刺身で食べられるというサバ(一尾380円)と、コチ(4匹で300円)、小いか(山盛りで200円)を購入。

 サバはアシがはやい(早い、速い?)ので、刺身で食べられるものが店頭に並ぶのは珍しい。飲み屋さんでも、サバが美味しい店ってのは「さすが!」ってところですよね。

 いつもは、もしかしたらヤバイかな?ってものをシメサバにして、夫が自己責任的に酒の肴に食べて、家族は恐る恐るだったりするけど(もちろん残りは煮魚や焼き魚にして食べ)、その日はたらふくいただきました(写真は子供用に小さく切ったもの。これで半身なので立派でした)。

 ちなみに、シメサバの作り方は、板前やってるいとこに聞いたらしい。ピンセットみたいな骨抜きで、丁寧に骨を抜いたり、塩を振って冷蔵庫で休ませたり、面倒なことを淡々とやっている。大人用は八重造り。

 サバもコチも、とーっても美味しかった!!

 コチも、高い時は、一尾で580円くらいするけど、安いし、身がしまっていた。

 夫とは相変わらず、仲良くはないですが(笑)、料理に関してはすごい!とよく思う。魚を簡単におろすので、いつも新鮮な刺身をいただいています。

 食いしん坊の私は、 

 「この人と結婚したら、一生おいしいものが楽しく食べられそう」と思ったのも確かだった。

 「楽しく」の部分は残念ながらいつもではないけど、「おいしいもの」については、食いっぱぐれがない。

 ありがたいことだ。

 奥さんの味噌汁のために帰って来る夫とかいるけど、私の場合、夫のトマトソースとビビンバを食べると、「ま、いっか~」と思ったりする。

         

            

|

2011.01.27

 新鮮野菜

 家から車で20分くらいの「あぐりパーク食彩村」へ・・・

 ココ→ http://www.syokusaimura.com/index.php

 先週初めて寄ってみて、想像以上に野菜が豊富だったのと思ったより近かったので(とはいえ、ちょっと距離あるけど、足を延ばす価値あり!)、今日は大量に買うつもりで出かけた(昨日張り切って行ったら定休日だった)

 サワーキャベツ、ブロッコリー、にんじん、しそ、玉ねぎ、ベビーリーフ、まいたけ、トマト、じゃがいも、三つ葉、絹さやえんどう、しょうが、ねぎ、コリアンダー、レモン、大根切干し、卵、米粉のパン、ライ麦のくるみパンを購入。

 どうするよ?っていう量だけど、本当にどれもこれも美味しそう。

 お店は、新鮮野菜のイキイキしたエネルギーに満ちている。

 初めて行った時、ピッチピチの葉っぱたちが、「ぼくを食べて!」「私を食べて!」と大合唱しているように感じた。

 その時のヒットは「わさび菜」だった。ちくちくした葉っぱだけど茹でるととろっとして、おひたしも美味しかったし、春菊代わりにすき焼きに入れても良かった(今日はなかった)。

 新鮮な野菜からは、太陽や大地のエネルギーをいただける気がする。

 食べる前に触るだけでも・・・。

 農業地帯で育ったので、野菜と言えば新鮮が当たり前だった。

 なので、鮮度の落ちたものは買えないし、食べられない。いいも悪いも、エネルギーに敏感になっちゃうんだな。

 野菜尽くしにして、ありがたく、たくさんいただこう(料理法を考えるのも楽しみ)♪

 おもしろそうな本を図書館で借りた時もそうだけど、美味しそうな野菜をたっぷり買った時もワクワクする!

 

           

 

     

|

2010.12.28

 美味しいものの話(ちょっとした)

 息子たちは、豚肉のしょうが焼きが大好きなんだけど、レシピは、飯島奈美さんのもの・・・。

 これが、何度作っても、簡単だし、本当に美味しい!!

 映画『かもめ食堂』や『南極料理人』のフードコーディネーターとして有名な方で、ここでも『シネマ食堂』という本を紹介したことがある。

 最初に見つけた、<ほぼ日刊イトイ新聞>のコーナーより・・・

 ↓このページの下の方、「その6 しょうが焼き、塩じゃけ」 

 http://www.1101.com/megane-movie/index.html

 もしくは、ダイレクトに・・・

 http://www.1101.com/megane-movie/slide06-00.html

 うちは、しょうがとにんにくをすりおろして、砂糖なしで、醤油とみりん、もしくはゴマを入れてたれを作っています。

 ポイントは、肉から出る水分や油をふき取ることだと思う。

 本当に香ばしくて美味しくできるので、思わずおすすめしたくなっちゃって・・・

 今欲しい料理本は、野村友里さんの『eatlip gift』。

 Eatlip

 写真が長嶋有里枝さんというのにも、かなり惹かれる・・・

 この本の情報を知った、小島聖さんのブログも、相変わらず美味しそうです。

 http://blog.honeyee.com/hkojima/

 このところ、毎日のように体重が増えてる。

 毎年夏と冬だと3㎏くらい違うけど、ヤバイ・・・

 あ、あと、ご存じの方も多い我が家の定番、「黒豆せんべい」。

 Images

 これは実家の親から受け継いだもので、次男など、赤ちゃんせんべい代わりに持ち歩いてたくらいだけど(笑)、相変わらず常備しつつ、最近はこれ↓にもはまっている。

 

497

 これが美味しくて、安くなってるとついつい買い込んじゃうけど、昨日は、買うと食べちゃうと思って控えた。。。

 考えてみれば、夏ごろまでは昨年のステロイドの影響か、胃の調子が悪かったので、胃腸復活!!はありがたい。

 冬太るのは、生きものとしてしょうがないんだろうなあ。自分が冬眠前のリスとか熊に思えてくるよ。

                     

|

2010.12.21

 おいしいもの写真とブースカ

 大好きな洋食屋さん「キッチンにんじん」の、カキフライ定食、ハンバーグセット、カキフライ&白海老フライ定食の写真など・・・

 Photo

Photo_3

Photo_4

Photo_5   

 この日は、家族4人、それぞれの定食の他に、ハンバーグの単品もひとつお願いした。

 夫と結婚する前から行っていたお店で(雰囲気が好きで小説に登場させたけど、最初のデートで行ったわけではない)、二人から始まって、家族が三人になり、四人になり、大人の分を取り分けていたのが、それぞれ自分の定食も食べられるようになり、その上、追加分まで平らげることができるほど子供が成長したことがうれしい。

 お店のご主人も、奥さんも、見守ってくださっている。

 うちは、夫も料理する分、お金出して本当においしいと思えるお店じゃないと外食しないんだけど(もしくは、王将やスシロー系)、「にんじん」は、いつ行っても、さすがだな!と満足します。

  

********

Photo_6

 変わってこちらは、学生時代に元彼からもらったのか忘れたけど、とにかく私に似ているというブースカの人形。

 その彼から少し前に懐かしいものの写真を送ってもらったので、お返しに撮影してきました。

 ネタ元は、『ジョーとサリーの世界漫遊記』

Photo_7

 1メートルほどの、ペンギンの置物?を背負って世界中を旅して写真を撮った、オーストリアのヴィリー・プフナーという写真家の写真集。

 本当に、ペンギンのカップルが旅してるみたいな愛らしい写真の数々。

 インターネットが登場する前の、ある意味牧歌的とも言える大好きな一冊。

 「断捨離」に共感しつつ、なかなかモノが捨てられません!

 度重なる引っ越しでもなくさずにいた「ブースカ」の写真を撮って(ランニング後の公園であちこちさまよって)、携帯で送れる時代が来るとは思わなかった。

            

     

|

2010.09.28

 『喫茶店経営』

 前回少し書いたけど、長男が『お菓子づくり百科』という本を熱心に眺めたり、自主的に「お菓子ノート」を作っていたりする(笑)様子を見ると、自分の幼い頃に似ているなあと思う。

 私もなぜだか食への好奇心が強く、小2の時、ホットケーキを勝手に一人で作ったのが料理の始まりだった。学校へ提出していた日記に残っているので、その体験は間違いなく、ホットケーキの素ではなく、小麦粉や卵や牛乳を混ぜて、母のいない夕方、オリジナルで作った(日記には書かなかったけどしょうゆを少し入れた記憶も・・・)。

 火をつけるのはあぶないので、「ここでおじいさんの出番です」と書いてあって、「パチンと火をつけました」とかあるのも楽しい文章(笑)。

 その後も、すごく憶えているのは、『ちゃお』に連載されていた、料理がいっぱい出てくる漫画がお気に入りだったこと(それは、高校時代の『美味しんぼ』全巻制覇(友達から借りて)につながっていく)や、毎週日曜に『料理バンザイ』を欠かさず見ていたこと(『料理王国』より『料理バンザイ』が好きで、『たまに行くならこんな店』も、雪印の商品で滝田さんが作るコーナーも大好きだった・・・今調べたら、オダギリジョーさんも『料理バンザイ』毎週見てたって!)。

 そして、高校の時には喫茶店でバイトしていて、お昼ご飯の時間に、従業員が集まる部屋に置いてあった『喫茶店経営』という業界本を飽きもせずに眺めていた。

 その雑誌には、喫茶店のメニュー作りや、コーヒーの機器、食器を洗う大きな洗浄機など載っていて、とてもわくわくした。

 喫茶店の経営に興味はなかったけど、業界の人たちを想像することは楽しかった。

 今調べてみたら、その雑誌はなくなってしまったけど、出版社はやはり食専門の会社だった。

 柴田書店HP

 http://www.shibatashoten.co.jp/

 

 それにしても、この執着はなんだろう?と思う。

 もちろん、食を仕事にしている人や、かなり凝った家庭料理を作っている人(ブログに毎日UPしてる人たちもいーっぱいいるわけで)から思えば、私なんて大したことないけど、ただ、「食に関するものがすごく好き」という気持ちは、長男を見ていても持って生まれた性質としか思えない。私の母も料理が好きだったので、もちろん遺伝とか「母の姿を見て」というのもあるけど、もっと迷いのないものを感じる。

 この頃、その「持って生まれた」というのがすごく好きだ。

 誰もがどうしようもない自分を抱えているわけで、それはほんとに、環境よりも産まれた時に80%くらい決まっているような気がして、長所についても短所についてもどうしようもないんだから、人に迷惑かけない限りは悩むことないなあと思う。自分に関しても、誰かに関しても。

 思い起こせば、バイト時代にいつも飲んでいた、コーラとメロンソーダをミックスした飲み物は最高だった(似たようなバイトの人はみんな経験していると思う。あ、今はファミレスのフリードリンクのコーナーでできるか~)。

  

          

               

                 

|

2010.09.14

 しるものうまし

 ようやく涼しくなってきましたねー。         

 さて、最近はまっている、十穀鍋(もどき)。 

 きっかけは、こちらのお店(福岡県)の新聞広告を見たことから・・・。

 http://www.kayanoya.com/menu/jyukkokunabe.html

 十穀は用意できないので、簡単に玄米を炒っている。

 それに鰹だしたっぷり、後は好みの野菜など。

 一回目に作った時は、にんじん、大根、ごぼう、白ネギ、エリンギ、白菜、ニラ、豚肉、豆腐を入れ、醤油、ごま油、つゆのもと、酒で味付け(薄味でじゅうぶん)、すりゴマやしょうが、にんにくのすりおろしを入れた。

 二回目は、にんじん、里芋、かぼちゃ、白菜、白ネギ、豆腐、鶏団子(鶏挽肉とネギ、しょうが、青シソ、卵)、やっぱりすりゴマやらしょうがも入れた。

 ポイントは根菜類としょうが。調理の手順としては、根菜類に先に火を通した後で炒った玄米やだしを投入。

 夏の終わりに温かい汁物でぽかぽかと汗をかく。

 今は夏の疲れが出て、体調を崩しやすいので、根菜類やしょうがなど、体を温めてくれるものをホッコリと煮て、スープごと、すべての栄養をいただくと、体にとてもよい気がする。子供はしょうがたっぷりは苦手なので、大人の分を取り分けた後にしょうがを足している。

 玄米を炒ると、とてもいい香りがする。

 それは小島聖さんのブログからも学んだ。

 「玄米スープ」(作ったことはないです)

 http://blog.honeyee.com/hkojima/archives/2009/12/01/post-134.html

 ゴマも使う直前に炒ると擂った時の風味が全然違う(これは実家の母が忙しいのによくそうしていた)。

 しばらくこの鍋、バージョンを変えて毎週登場しそうです。

 発症から1年。慎重に過ごしているよ。

    

                                    

|

2010.08.26

 クラシカルコーヒーロースター・カフェ

 前々から行ってみたかったカフェ、というより、アメリカンスタイルのダイナーというのがふさわしいかな。

 昨年の夏休みの「ピッツェリア・ネアポリス」と同様、長男とともに出かけました(まだ食に興味のない次男は幼稚園の夏期登園中)。

 看板と外観。

 Photo  Photo_2

 

Photo_3 Photo_4

  

    

 デザインや雰囲気って大切だなあって思う。

 ご注文は、どれになさいますか?(笑)

Photo_10   

   

Photo_6                   

 注文したのは、クラシックチーズバーガー。

 

 

Photo_7

息子はテリヤキエッグバーガー。

 

  

   

 想像以上においしかったし、見た目もとても美しかった。

 特にパセリがふんだんに散らしてあったのが私好み。お姉さんがガリガリと振りかけてくれる黒コショウも・・・。チーズの黄色とトマトの赤、レタスやパセリのグリーンが本当に鮮やか。

 地元の特徴的なお店で外食する時、ついつい東京時代の初体験と比較してしまうのは悪いクセだと思うけど、初めて食べた時の感動は忘れられないものだ。

 今回のハンバーガーも、下北沢で初めて食べた(実に20年近く前!)、この類のハンバーガーと比べてしまったけれど、劣ることなく感動的で、むしろ、野菜やパティも新鮮でイキイキとしていて、とてもおいしかった(店員さんがおっしゃった「フレッシュ」という言葉の通り)。前も書いたけど、豊橋というのは食材が豊富で、そこにお店のプロ意識がマッチしたら、最強なのでは?って思う時がある。

 このお店は、HPを見ても感じられる通り(末尾に載せます)、店員さんたちのサービスや笑顔もとっても良かった。お店に入った瞬間、空気が「楽しい」んだよね。お兄さんが初めての私たちにメニューについてやさしく説明してくれて、食後も気にかけてくださった。

 ランチタイムはサービスで付いてくるドリンク。+100円でフロートやシェイク類にできるとのことで、息子はバナナシェイクをオーダー。これがまた激ウマ!だった。

 このシェイクは、渋谷のチャールストン・カフェ(今はないそう)を思い出したよ(遠い目・・・)。

 ハンバーガーにしてもシェイクにしても思わず、「うまっ!」と言ってしまったのだけど、後ろの席の若いお兄ちゃんも「うまっ!」と言いながら食べていて、おもしろかった(笑)。

 *場所柄、半島の海から市街に向かうサーファーさんたちも多いです。

 お店の名前の通り、ここはもともと、コーヒー豆の焙煎や販売をしている会社が始めたカフェで(工場と隣接)、コーヒーの美味しさについては、以前どこかのお店で飲んで知っていた(確か、創始者は友達の親戚だったと思う)。そんなわけで、私はホットコーヒーを食後にいただいた。これまた香り高くておいしかった。

 このブログの読者さんはご存知の通り、私は長いこと胃の痛みに悩んでいたので、ボリュームあるハンバーガーもコーヒーも、「食べたい」と思えるくらいに快復していることはうれしくとも、食した後が心配だった。

 それが、まったくお腹が痛くならなかった(ハンバーガーは完食。ポテトはお持ち帰りできます)。

 私の体調が上向いたこともあるけど、本当においしいものって、お腹にやさしいんだよな、と思ったよ。

 これはみなさんも体験あると思うけど、よい素材を使ったフルコースや懐石料理はお腹いっぱい食べたとしても胃にもたれなかったり、本物のワインや日本酒では悪酔いしないみたいに・・・(とはいえ、あくまでも私の感想です)。

 久々に、「全力で食べた!」「食べるって行為もカロリー消費するんだよな」と感じたお食事でした。

 メニュー豊富だし、気分がアガるお店なので、また行きたいです!

 (私たちは親子でほっぺをベタベタにしながら全力でいただきましたが、最初のデートのカップルは仲良くなった頃行ってください♪)

 ☆クラシカルコーヒーロースター http://www.classical-co.com/

 ☆カフェのHP http://classicalcoffeeroaster.web.fc2.com/top.html

                

  

              

|

2010.07.31

 サカナクションときなこクッキー

 

 サカナクション。

 そのヘンテコな名前は知っていたけど、最近初めて曲と人が一致した。

 同じタイミングで大好きなキレイなお姉さんがブログに書いてて、ますます興味津々。

 というわけで、今さらながらハマったPVを・・・(音も映像もクセになる)。

 『アルクアラウンド』

 http://www.youtube.com/watch?v=vS6wzjpCvec

 ↑この文字の出てくる感じがおもしろく、新しいというよりはイチハラヒロコやらピタゴラスイッチやら佐藤雅彦の世界を思い出すけど、一発撮りなのかな?などなど想像はふくらむ。

                  ♪♪♪♪♪

 子供のリクエストでクッキーを焼く。

 ケーキを一緒に作ったことは何度かあるけど、クッキーは初めて。

 バターがないので、「バターなし クッキー レシピ」で検索して吟味した、こちらのきなこクッキー。

 http://cookpad.com/recipe/941141

 これ、簡単でおいしかった!

 一回目、きなこでやってみたけど、明らかに足りなさそうだったので、合わせてシナモン(←次男の謎の強い希望により)も試す。

 Photo

 

 写真はシナモン。

 子供が型抜きしたがるので、いびつですが・・・。

 どちらもおいしかったけど、砂糖は半分以下でも良さそう。

  

         

 レシピ通りに作った後のアレンジが楽しくて、このクッキーの場合、断然砂糖を減らし(このままでも少ない方だとは思うけど)、塩を少し加え、きなこの代わりにココアやごま、油を減らしてピーナッツバター、油をオリーブオイルに変えてローズマリーなど練り込んだり(子供ウケは悪そうだけど)、あれこれ想像がふくらむ。

 というわけで、ベーシックなレシピになりそうです。

 クッキー作りの間、パソコンでレシピを見ながら、流していた音楽は、上記『アルクアラウンド』とスーパーフライ『愛をこめて花束を』

 これも最高☆

 http://www.youtube.com/watch?v=bV7J-3soSY8

 

 

              

            

  

                 

|

2010.07.23

 夏の食卓

 先週くらいに書いてあった分のブログ。独身の頃から食事の写真をよく撮る方で、でもUPするほどじゃないなーと思って携帯に保存しつつ、かと言って現像するわけでもないので、ここに記録として失礼します。

 Photo

 親戚が作ったとうもろこしと実家のピーマン&ししとう。

 ニラ玉、冷ややっこ、トマト、ウインナー(このメニューは、ウインナーで手抜きするのが申し訳なくて足していった内容)。

 新生姜に豆味噌付けてかじるのは、この地域(というより私の田舎)特有なのかな?

 Photo_5

 トマトときゅうりとバジルのサラダ、鶏肉の竜田揚げ、なす&ピーマン(我が家の畑のもの)の素揚げ。

 ぬか漬け(きゅうり、にんじん)

 玄米ご飯と具だくさん味噌汁。

 

Photo_6

 うなぎで、ひつまぶし風だし茶漬け。

 うなぎのたれはこのHPを参考に、黒砂糖入れて作りました。 http://www.unagiya.com/tare.html

 

 

 うなぎにわさび&ネギって合う!!

  

Photo_7

 最近はまっているぬか漬け。

 実家の母は、仕事で汗をかくこともあってか、食卓に漬物を絶やさず、私は塩分が強い気がしてあまり出さなかったんだけど、「乳酸菌重要!」と思ってぬか漬け。

 ぬか床は『河村さんちのぬか床』に水を入れただけ。http://www.katayama-kometen.com/shop/sonota/nukadoko.htm

   

 ぬか床は頻繁に買うわけじゃないので、これにしてみたけど(スーパーあつみで購入し、半分ほど使っている)、一晩でじゅうぶん漬かります。塩分が強い気もするので改良していこうかと(しかし、塩分があるから腐らないんだろうしなあ)。

 

Photo_8

 夫が漬けて干した梅干し。

 今年は小梅ちゃんです♪

 お隣のお庭で収穫させていただきました。

             

 食べ物はずっとずっと美味しいけれど、実は私、昨年の病気以来、室温以上の飲み物しか飲めずにいました。

 それがようやく、冷たいビールを飲めるようになり、幸せ。

 とはいえ、気をつけて過ごしていきたいと思います!

                         

              

                

|