お知らせ

2011.09.27

 Love the Moment !!

 ここに書きたいと思いつつ、書き切れなかったこともいくつかあるのですが、

 今日から、新サイトに移行します。

 

 『Love the Moment』

 http://www.l-t-m.net/

 私のブログへ直接つながるのは、こちら。http://www.l-t-m.net/blog01/

 

 サイトを企画した思いなどは、「About」や、一回目のブログに書いてあります。

 告知の文章書きながら、少し泣けそうです。

 目の前の子供の成長は目覚ましいけれど、ブログを新しくするたびに、自分自身の変化も感じます。

 

 今日本はたいへんな時だと思うけれど、心を強く持ってがんばりたいな。心に伴う身体も持てるように意識しつつ・・・。

 『緑の下で深呼吸』 約4年間、ご愛読ありがとうございました。

 これからも、よろしくお願いいたします。

 

 

|

2011.04.08

 ツイッター始めます。

 本日3本目。

 勢いで、ツイッター始めます。

 もともと登録はしてあったけど、非公開にしてて、閲覧か@専門だった。

 ツイッターが流行り出したタイミングは、療養中だったこともあって、広げるより閉じたかった。それに、とにかくツイッター的世界が気持ち悪かった。

 体力回復し、縁あってfacebook再開し、この激変期に新しい形の「伝えること」に興味あって、試しに少ーしずつやってみる。

 興味を持ってもらえる方は、

   いずみ@anslium

 で検索してください。

 ただいま、大好きな男友達5人とだけつながっております。

 

 子供二人が小学生になり、また、今回の震災は、言葉ではまとめられないけれど、すごい変動だと思っているので、小説ではない新しいことを始めようと考えています。

 世の中も、私も、転換期。

          

|

2010.10.27

 お知らせまとめ

Fuyuki_yamakawathumb320xauto455

Photo

Photo_2

        

 自己満足的に画像を並べてみたかったんだけど、10月31日から11月14日の間に出かける予定のイベント関連。

 カテゴライズするのなら、現代美術、スポーツ、サブカルチャーかな。

 まったく自分自身の来し方と現在を見るような思い。

 宣伝がてら再度書きます。

 ☆『ジュリーから山川冬樹』(愛知トリエンナーレのHPにもつながります。*前売り券完売とのことでした)。

  http://hihararara.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-61b3.html

 ☆『金哲彦氏 講演会のお知らせ』 いま発売中の『クロワッサン』にも出ていらっしゃいます。

  http://hihararara.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-2840.html

 ☆『Jさん豪さんボーイズトーク』

  http://hihararara.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/j-fb77.html

 ◎そして、この週末からは、『豊橋まちなかスロータウン映画祭』が始まります。

  http://www.slowtown.info/index.php

 一本500円で観られ(前売り価格、当日は800円、すべて通しで2000円!)、関連イベントもたくさんです。上記「Jさん豪さん」も。このトークイベント、広島のクアトロでは、大盛り上がりだったらしいです(9割5分下ネタ!!)

 映画祭は、私の親しい人たちがたくさん関わっています。理事になる前にお客として参加したこともあったけれど、やっぱり駅前(まちなか)ってウキウキする。この機会にぜひ、足をお運びください。

 008くんも、宣伝活動がんばってる(よくわからんと思いますが、期間限定ゴッドファーザーだそうです。映画の鑑賞にいらして、一輪の薔薇、受けとってください)。

   http://rose008.dosugoi.net/e99116.html

 今月、ワイワイとブログを更新してきたけど、実は体調悪く、そんな中で行事をこなしてきた。明日は次男の入学前健康診断。

 締め切り原稿も二本(めどはついてる)。

 急な寒さに昨日から風邪も引いちゃったけど、この風邪は歓迎すべきもの。

 風邪が引けないくらい今月は緊張状態にあり、不眠だった。今ようやく体がゆるんでいる。

 もちろん昨年の入院を教訓に無理はしてないけど、そんな中でも踏ん張りどころはあるし、たまたま楽しみなイベントが重なってしまったよ。

 前々から読んでる野口晴哉さんの『風邪の効用』http://amzn.to/9dOwVIおすすめです。この本のおかげで、風邪を引けない体の方が恐いということを知りました。風邪は体をゆるめ、調整してくれるので、重くなってはたいへんだけど、前向きにとらえていきましょう!

          

      

    

 

 

|

2010.10.01

 『Jさん豪さん ボーイズトーク』!!

 

 あっという間に10月。衣替え。次男の幼稚園の夏帽子は、昨日で見おさめとなってしまいました。年長さん、様々な行事が「さいごの」になってゆく・・・。

 さてさて、理事を務めさせていただいている(何もできてなくて申し訳ない)、「とよはしまちなかスロータウン映画祭」。 http://www.slowtown.info/

 映画の上映のほかに、様々な「マチナカキカク」が催されます。

 あれこれどどっと・・・ http://www.slowtown.info/2010/event3.php 

 中でもおすすめは、『Jさん豪さん ボーイズトーク』!!じゃじゃん!!

 Photo

   

 これは、友達が企画していて、以前『ジュリーから山川冬樹』の回で触れたものです。http://hihararara.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-61b3.html(←すみませんね、みなさんがよくやってる、文字をクリックすると出せる方法がわからない)

 友達のミクシィ日記(チラシの文章かな?)より拝借・・・

 <希代の世捨て人「杉作J太郎」と、喋る金髪鬼「吉田豪」が
  はじめて豊橋の地に降り立ち、ガチンコトークショーを開催!!
  打ち合わせ一切無しのタッグバトルの幕が今、切って落とされる!!>

   日時:2010年11月14日(日) 開場14:30 開演15:00
   場所:豊橋市民センター(カリオンビル)6F
   http://www.city.toyohashi.aichi.jp/citizenscenter/

   料金:前売り1500円/当日2000円
   定員:100名(予約優先)
   問合せ先:渡辺090-3956-5444
   チケット予約:demo.yarundayo@i.softbank.jp
          代表者のお名前と人数を明記下さい

  ※イラストは新潟市在住の漫画家 古泉智浩先生です

***** 

 とのことです!

 私、これ、観客として参加します。ことのなりゆきはブログに書いたけど(笑)、そうでなくても、参加したと思う。絶対おもしろい!!(と、思う~)

 企画者渡辺が言うには、

 「エロい話ばっかりなんで、換えのパンツ持ってきた方がいいですよ!」

 とか、ブログで宣伝すると伝えたら、

 「ブログで紹介したら、藤村さんのブログを読んでる人が離れていきそうな気がします・・・」とのことだったけど、ますます、おもしろそうじゃあないかっ!!(換えのパンツ握りしめ、燃えるぜ!)

 というわけで、ボーイズも、ガールズも、興味のある方は是非!!

 Jさんも豪さんも知らない人多いと思うけど、知ってる人にとっては、ものすっごい豪華なトークイベントですよ。東京辺りでやったら、立ち見が出ちゃう面々です!

 山川冬樹さんのこと書いた後、東京の友達からメールがあり、その友達はすでに山川冬樹の公演を観たことがある子だったのだが(私に初めて「菊地成孔」さんを教えてくれた感度の高い子。母やってる私の友達で「山川冬樹」って名前を知っていたのは彼女だけだったと思う:笑)、その彼女も「地元のイベント、あなどれないね~ 絶対おもしろそう! 私もそっち選ぶね」とのコメントだったので、このトークイベント、超穴場、とか掘り出し物だと思います!

 「マチナカキカク」のHPに出てる、『マフィアな気分でアジトを探せ』も、以前ここに書いた後輩008くんがバッチリ薔薇に囲まれたチラシにおさまっているのですが(笑)、やつは、キャラ設定上、007とゴッドファーザーが入り混じってワケわかんなくなってると思う!

 10月末の山川さんの公演とボーイズトークの間に、金哲彦さんとの飲みにもすこーしおじゃましようと思っているので、いったいどうしたことか、という華やかさである。

 10月は怒涛の行事月間だし、体調に気をつけて、楽しみたいなと思う。

 なんと言っても1年前、入院してたからね!昔っからだけど、人生、我ながら、先が読めないよ~~(反省してます。ちゃんと家庭第一に、休息してます)☆

      

         

                    

|

2010.02.24

 パソコンこわれた

 

 退院以来、調子が悪くて、だましだまし使っていたパソコンがついに壊れました。

 新しく注文し、デルからの到着を待っています。

 小説を書くようになって、3台目(余談だけど、最初、「群像」で賞に残った時、人のパソコンで書いた小説を送ってあったので、データをマックからウインドウズに変換するため手間取った。最終候補作ってのは、発表前にデータを送れと言われる。当時は自分のパソコンがなかった)。

 待っているのは、アイスブルーのノートパソコン。

 デルのパソコンは、基本実物が見られないので、カタログを見ながら、電話でのリサーチが重要。

 つながった大連で、担当してくれた京さん(女性)に、

 「アイスブルーって水色みたいな色ですか?」と尋ねたら、

 「そうですね、青空みたいです」

 この言葉が決め手となった。

 京さんは、他にも

 「お客様は、私と同じ年頃だと思いますので」

 「え? 私、37歳ですよ(京さん、もっと若そう)」

 「私は、うさぎ年(35)でございます」

 などなど、キュートでナイスな方だった。

 その快活で温かい語り口が気に入って、せっかく買うのならと、別の日に京さんを指名して注文をお願いした。

 京さんは、

 「ご縁ですね」

 と、流暢な日本語で言ってくれた。

 というわけで、先週金曜の夜からメールが見れてなかったけど、今、ネットカフェで見ました。

 まず、かずちゃん、のりちゃん、メッセージをありがとう。お返事を下書きフォルダに入れたまま、結局出せてなくてごめんなさい!

 Yくん、そうそう、その先生だよ!!!

 その他、お急ぎの用事があったら、しばらく電話にお願いします。

 以上、三本、ネットカフェよりUPしました(慣れないキーボードより・・・)。

 間が空くと、病気の件で心配おかけしちゃうけど、大丈夫です。元気にしてます。

 夫婦ゲンカして、夫の椅子を蹴っ飛ばしたら(子供のいない時です)、肘当て(木)がパカっと割れちゃって、夫が私の椅子と交換。

 接着剤で直してたら夫が「金具で止めてやろうか?」と半笑いで言ってきて、まさに割れ鍋に綴じ蓋!と思った話やら、長男の持久走大会の話やら、ネタは毎日たまってる。

 小説だって、続きを書きたい。

 いずれにしても、映画や子供の行事など、退院直後は遠かったものに行けるようになっただけでも、本当にうれしい。

 春ですね。

        

       

 

            

           

|

2009.11.20

 映画祭記事と『1000の風』

 地元で行われているスロータウン映画祭(今週末まで!) http://www.slowtown.info/index.php 用に書いた東愛知新聞の記事です。下から3番目の『マルタのやさしい刺繍』 (21、22日上映です)。

 http://www.slowtown.info/news/h_aichi.php

 ここに使うとは思ってなかった夏のケータイすっぴん写真。実際はもうちょっとニコっとしてるけど、白黒になったらちょっとこわいね(笑)。アシンメトリーなマッシュルームカットは入院中もアシンメトリーに伸び、今自分で切っている・・・

 昨年に引き続いての執筆ですが、9月、虫のしらせかフライング気味に観て書いてあった(今年は映画祭の楽しいみなさまに会いに行けなくて残念。このブログを読んでくださってる関係者の方々、おつかれさまです)

 病気の前後関係なく、伝えたいことは一貫してる。

 私の根本は、幼い頃も、これからも、変わらないだろう。

 ちなみに写真について父は、「おしゃべりガラス(←小学校1年生頃のあだ名)の顔だなあ」と言ったそう(次男は「亀みたい」と言った・・確かに:笑)。つまりまあ、その頃から色々変わってないんだと思うよ。

☆☆☆

 今、南風椎さん http://blog.greetings.jp/ から教えていただいた『笑いと治癒力』  (ノーマン・カズンズ)を読み、読み返している。膠原病を克服したアメリカのジャーナリストの手記。自身の体験と多方面への取材により、薬や病院に頼らない病気の治し方や生き方が書いてある。自分が感覚や感情で思っていたことが言葉になっていてうれしい(「不安の念をある程度の自信感で置きかえるだけでも役に立つかも知れない」 「わたしの学んだのは、高遠な目的と生への意欲とが人間存在の主要原料であるということだった」などなどなど・・・)。

 南風さんのブログの連載、<『1000の風』と『千の風になって』> ぜひ、じっくりお読みください。連載最初の記事はこちら→ http://blog.greetings.jp/?eid=98 (全8回です)

 うっすらと知っていた事実だけど、今回南風さんが公に向けてお書きになり、私も少しでも広めるお手伝いがしたいと思った。本をつくるということの重さや大切さ、世の中に流布していることがすべて本当ではないんだ、ということを改めて教えてくれる。

 心よりも名声や商売に走れる人ってこわい。しかし、「憎まれっこ世にはばかる」ってのも、悲しいけど事実だったりする(病気するとね、余計に思うよ。素晴らしくて長命の方もあれば、周りを蹴倒して長命でいる人もいる)。

 ひょんなことから知り合った南風さんだけど、最初の頃、「出版界に絶望して」とおっしゃっていたのが印象的だった。

 インターネットやブログの恐さについて、私は今回思い知らされたが(自分の問題です)、ネットのよさは、あらゆる分野の人が(マスコミ等では報じられない)自分自身の言葉を発信することができる点だと思う。

 南風さんの結びの言葉、

 <ぼくもいつか「感謝する死者」のひとりになるまでは、いい風に吹かれ、いい雨に濡れ、いい星の光を浴びて、今の肉体で生きていることを存分に楽しみたい>

 涙がこみ上げたし、今、身にしみて感じている。

 みんな、魂の旅人。

 世の中には、神様と人間のあいだに位置するような存在のひとが確かにいて、私は何人かのそういう方々にお世話になっているけれど、南風さんもそのお一人。まだお会いしたことはないけれど、存在を知った最初からその位置にいらっしゃる。南風さんの紡ぎ出す言葉、教えてくださる言葉が私は大好きだし、感謝しています。

  

              

          

               

      

                                       

                                                     

|

2009.11.19

 お知らせ

 病気後、感情の揺れにまかせて書いた、「ふつうじゃない」ブログの数々は、非公開にさせていただきました。

 このブログをずっと読んでくださってる方には、すでに気持ちが伝わっていると思うので・・・。

 私の手元にコメントはしっかり残っています(返事は読んでいただけたかな)。ありがとうございました。窓口については、またあらためて考えさせてもらいます。

 ふつうじゃない、と言えば、過去の記事にもたっぷりそういうものがあるんだけど、心機一転、引越しや削除するには忍びず、かと言って、ひとつひとつ非公開にするには手間がかかり、おいおいやっていきます。

 (ちょっとこの記事、途中だけど、来客なので、また後でつづけます)

 つづき・・・

 病気は確かに大きな転機になっていて、いろいろ見つめ直しつつ、私にとって「書くこと」はやはり必要なので、これまでと違ってコントロールしながら再開しています。

 今までは、入り込むと自分で自分が止められなかった(自覚なしだった)のと、子供に対しては気持ちを切り替えて接したかった分、一日本当に余裕がなかった。

 今は、我ながら「ここでストップ」「ここからは体を動かそう」等々、頭と心と体のバランスを大切にしています。

 病気に関する記事を非公開にしたのは、新しい小説を書き始めたからです。

 ゆっくり少しずつ進めます。

 前みたいに息止めてのめり込んで・・・ではなく、いい意味で突き放している。    

 迷いないものが書けますように。

               

         

|

2009.09.14

<Vinia's 英語教室のお知らせ> 訂正版

 幼稚園にジンバブエ出身のViniaさん(女性)と日本出身のOさん夫婦の娘ちゃん、イダイシェちゃんがいます。

 Viniaさんは豊橋技術科学大学に留学し、マスターコースを修了したのですが、今4ヶ月の赤ちゃんがいることもあり、新しく自宅で子供向けの英語教室を開きたいそうです。

 10月からの開催で、すでに何人かの申し込みはあるそうですが、私に宣伝して欲しいとの電話をいただきました。

 とーっても明るい女性です。一緒にいると、思わずケラケラ笑って抱き合ってしまうような感じ。

 このブログの存在は、幼稚園ママにはごく一部しかお伝えしてないのですが、豊橋市内で興味のある方は、よかったら 『200 決意』のコメント欄http://hihararara.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-fb6d.html にメッセージを残していただけたら折り返しご連絡します(入力いただくアドレスは表に出ませんが、こちらで分かります)。このブログの読者さんじゃなくても、お近くに興味のありそうな方がいたら、よかったらお伝えください。

 場所は曙町です。

 お値段はお子さんの年齢に応じてだそうですが、既存の教室と比べるとリーズナブルだと思います。英語教室で先生をやっていた経験もあるそうです。

 というわけで、どうぞよろしくお願いいたします。

       

<追記>

 幼稚園のお母さんから一件質問があり、「英語教室は一時的なものなのかな?」とのことで、Viniaさんに確認したところ、フルタイムで続けていくそうです。

 私が上記で、Viniaさんの経歴を明らかにしたのは、豊橋技術科学大学は、地元の人はご存知ですが、国立の名門大学で、そこに留学していたというのは、優秀な方だと思ったからです。何より明るいし、英語の発音も、コミュニケーション能力も高い方だと思います。ダンナさんも、本当にジェントルな方です。私も赤ちゃんを見に、近々遊びに行かせてもらうつもりです。

 引き続き、よろしくお願いします☆

               

         

            

            

     

        

            

                       

|

2009.01.10

お詫び

 昨日、新潟では、無事に番組が放送されたそうです。

 今日、記者さんからお礼のお手紙をいただき、それによると、新潟以外の放送に関しては、放送日程も各局の判断で、必ずしも9日に予定されていたわけではないそうなので、元日の告知と違っていて、すみませんでした。

 年賀状に書いちゃったお友達も、もしも、見ていてくれたらごめんなさい!!

 というわけで、このブログを見て、番組を気にしてくれていた方は少ないと思うけれど、お詫びいたします。

 なにぶん、自分はまだ見てないので、うまく言えなくてすみません。

 

     

                  

|

2009.01.01

197 新年&さっそくお知らせ

     あけまして おめでとうございます!

     今年もよろしくお願い申し上げます!!

 12月31日 から 1月1日 に変わるのって気持ちいいよなあ。

 すべてうっちゃって、「新しくスタート!!」って思えるのがうれしい。

 お正月の、澄み切った清々しい空気が好きです。

 朝はお雑煮を食べましたが、我が家のお雑煮は、各々鰹節と焼き海苔(細かくちぎったもの)をふりかけます。夫は同じ県内出身で、食文化の違いはほとんどないけど、結婚当初、海苔にびっくりしていました(びっくりしたことに私がびっくりした)。これは私の実家が海の近くだからだろうなあと思います。お雑煮は全国各地で違うからおもしろいですよね。

 さて、早速ですが、お知らせ2つ・・・。

  テレビ新潟での番組の放送予定は、1月9日の『夕方ワイド 新潟一番』内の、ローカルニュース部分だそうです(全国ニュースが終わった後、午後6時16分~7時までの間らしい)。テレビのことなので、本当にその日に放送されるかどうかは???ですが・・・(変更される場合は記者のNさんが教えてくれることになっているので、またお知らせします)。

 放送される場合、新潟は絶対ですが、その他、北海道を含む東北(青森、秋田、岩手、宮城、福島、山形)は、各局(日本テレビ系列)の判断だそうなので、放送されるか否かは、その日にならないと分かりません。前もってお伝えしている東北の方々、映らなかったらすみません!!

 内容については、Nさんが一生懸命編集してくれてると思うので(ネタ明かしになっては申し訳ないので)伏せますが、この記事がきっかけとなっての取材でした。

 『179 山忠の足首ウォーマー』

 http://hihararara.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-6b7f.html

 山忠さんは新潟の会社なんです。

 この記事を書いた時は、素直な感動を書いただけで、まさかテレビの取材に発展するとは思わなかった。記者さんがこの記事を読んだ時点では、私は東京在住だと思われていて、まさか愛知までやって来てくれるなんてびっくりだった。最初にお電話をいただいた時も、「この不景気に愛知まで来ていただくほどの価値はないと思うんですが」と言ってしまった(笑)。

 おもしろいなあ。ご縁だなあ。

 新潟周辺のみなさま(そういう読者さんがいらっしゃるのかどうか??ですが)、よろしかったら、どうぞご覧ください!!こっちじゃ見られないので、私の分も、お願いします。

 三本さん!大晦日に、お手紙と『しあ輪せ』拝受しました。またしても涙でした。ありがとうございます。DVD拝見後、あらためてお便りいたします。

  11月に延期となった岡崎・青年の家での講演は、2月14日(日)の予定です。

    http://aichi-yh.jp/

 前回は、広報期間が短く、想定より年齢層が上の方(それも男性ばかり)の申し込みが続いたそうで、仕切り直しとなりました。 

 ここには名前が出てないけど(よく見ると詳細PDFがあります)、日本テレビで『14才の母』等、フジテレビ移籍後、『太陽と海の教室』を担当したプロデューサーの村瀬さんや、『足でつかんだ夢』という著作をお持ちの小島さん http://www.nufs.ac.jp/news_topics/071226_01/index.html など、元々その存在に興味を持っていた方もスピーカーとして参加。小島さんのことは、学校の先生になられる前から、このイベントの企画者の五十嵐くんを通して知っており、お会いしてみたかったのです。

 私も村瀬さんも小島さんも、五十嵐くんの友達という縁で呼ばれました(私:「アナタ、すっごい求心力だね」 五十嵐:「いや、オレの頼み方が強引なんだって(笑)」)。ぶっちゃけ、交通費くらいしかいただけません。それでも、若者に何か伝えたいという思いで集まるわけで・・・。皆さんの、その心意気だけでも、なんかいいなあと思ってしまいます。

 決して「かっこいいオトナ」などではなく、自分のかっこ悪さをいっぱいさらしてきたいと思います。

 岡崎周辺のワカモノのみなさま(これまた、そういう読者さんがいるのか甚だ疑問ですが)、よろしかったら、どうぞご参加ください!!

 それよりも何よりも、本来小説書いてなんぼだと思っているので、柱としての執筆、 がんばります。

 今年、私は年女です。そして、水瓶座は12年に一度の大幸運期だそうです。

 水瓶座について、こんな感じ。http://irisekeiko.exblog.jp/9938638/

 思えば12年前の丑年は、前年(96年)が「病気・失恋・失業」という年だったため、アパートの壁に「◎年女 ◎12年に一度の大幸運期 ◎種子(大殺界抜けた後の始まりの年)」と貼り紙をし、すがるような思いで眺め、自分を鼓舞していました。

 初めての小説を書き始めた97年は、東京から島根に移動し、大きな手術も受けたけど、その後につながるいい1年となりました。

 今年もいいことあるような気がする。っていうか、いいことあると信じてがんばる!   (がんばりましょう☆)

 取ってつけたようですが、、、

 みなさまにとって、素晴らしい2009年となりますよう、祈っています

       

 

           

                            

       

|

より以前の記事一覧