«  ぬいぐるみのイノチ | トップページ |  春~連休写真少々 »

2011.05.12

 変化と普遍

 facebookとツイッターに思わず書いちゃったこと。

<長男が今、毎日宿題を忘れてくる子を連れてきて、一緒に宿題をしている。その子とは1年生の時以来久々に会ったけど、大きくなっていてびっくりした。女子から汚いと言われたり、忘れ物が度重なっていて、みんなが困ってる子。その子をフォローしようとしてる長男に感動して、今私は泣いている。>

 4年生になり、1年生の頃見かけた子を再び見かけ、その子の変化に驚くことがある。

 良い方向へ変化している場合もあれば、残念ながら逆の方向も。

 上記の友達は、もともと、だいじょうぶかな?というところがあった。

 普通という言い方は好きではないけれど便宜上、普通学級についていけるかな?という不安があった。彼と関わった思い出はこちら・・・『Tくんの歯』 長いけど(そのくらい衝撃的なできごとだった)、ここに出てくるSくんが彼。 http://bit.ly/ldPcfL

 女子たちが「汚い汚い」と言っているので(友達のお母さんから聞いた)、今見てみたけど、そこまで汚いわけじゃない。Sくんのおばあちゃんには会ったことがあるけれど(だいぶ高齢)、お母さんはどんな人か知らない。でも、なんとなく生活はたいへんそうだし、Sくんも、やはりギリギリのところはありそうで、ノートはボロボロだった。

 今回は、Sくんが明日宿題を忘れると、みんなの席替えができないそうで、みんなはSくんを責めてばかりで何もしないけど、長男は一緒に宿題をやろうと思ったらしい。

 長男は、今、学級代表を務めている。

 決して優等生というタイプではなく、おちゃらけ男子3人が立候補して、じゃんけんで決めた結果。

 「思ったよりたいへんだった」と言いながら、クラスの世話を焼いていて、頼もしいけれど、長男のやさしさに切なくなる時がある。

 我ながら自分もやさしい方だと思うけど、長男も次男もやさしくて、涙が出るほどうれしいけど、擦り減らないでほしいなあと思う。

 Sくんには、宿題を済ますという習慣をおぼえてもらって、家で実践してほしい。

 もちろん、ハナから限界はあることだけど、少し世話を焼こうと思います。

・・・とここまで書いて、今、Sくんの宿題の様子見てきたけど、やっぱり普通学級は、苦しいかなあという気もする。

 どうしてもやれない子に、やれと言うのは難しい。それなりに理解はできるけど、持続力などに難がありそう。

 きっと先生も判断に困ってるところだろうけれど。

 過去、「みんな違って、みんないい」

 って書いたけど、違いが明らかになっていくのを見るのって、切ない気持ちになる。

 子供たちの世界は、そのまま大人の世界も表している。

 各々が、各々の役割を果たせますように。

 同時に、

 役割など持たなくても、生を受けたみんなが無理なく生きられる世の中になったらいいな。

 

         

           

|

«  ぬいぐるみのイノチ | トップページ |  春~連休写真少々 »

小学校」カテゴリの記事