«  古典的かつ未来的 | トップページ |  点と点が線になる »

2010.07.14

 人体の不思議

  

 どうやら首の腫れが、おさまってきた。

 正確には腫れているんだけど、腫れ止まった様子。

 卵やレモンや手榴弾状のものを首にくっつけてる状態ではなくなり、この程度の腫れならじゅうぶん我慢できます~という現況。

 ほんと、人体って(というより私のカラダって)わけがわからない。

 なぜ急にぶわーっと腫れ、水を抜いても3日でパンパンになっていたものが、今週はおさまっているのか。

 先々週お会いした中国人のお医者様の言葉がよみがえる。

 「これ(首の腫れ)は、結果ですから」

 「今きっと疲れてるんですね。元気になれば考え方も前向きになるし、まずは元気を取り戻しましょう」

 その通りである。

 振り返れば、首が腫れる「結果」となるようなできごとは多々あった。早稲田の飲み会~ほとんど眠らずにふれあい参観から始まって、パソコン関係のこと、小説のこと、休み休みだけど所用をこなしていた。

 「結果」が出るとしたら、風邪とか疲労とかスティル病の再発とかそっち方面だと思っていたのに、まさか6年ぶりに首が腫れるとは・・・。

 私にはまだ、それほどの体力はないということだろう。

 それを側頸嚢胞が教えてくれた。

 一昨日、スーパーからの帰り道、買い物袋提げながら急にこみ上げてきた感情。

 「ああ、幸せだなあ」

 私はふと、なんでもない時に、自分の幸せをかみしめて、涙が出てくる時がある。

 単に大げさなのか、奇妙な病気を抱えているためにそういう思考になってしまったのかわからないけれど、「生きている」「家族が元気」というだけで、本当に幸せだと思う。まったく自作自演で幸せを深く感じている。

 生まれ変わるとしたら、もう一度自分に生まれたいかと問われたら、答えは迷いなくNOだけど、我ながら、オリジナルな人生を歩んでいるとはよく思う。

 奇病も含めて、訪れる運命を楽しんでやるぞ。

 毎度心配をおかけしてすみませんでした。

 さて、新しい『地球交響曲』第七番に、私が病気後感銘を受けた、統合医療を提唱しているアンドルー・ワイル氏が出てるそうです。

 こういうタイムリーなことはよくあって、自分だけの発見と思っていた人がメジャーなんだと気づいてうれしいような、なーんだというような気持ちですが(ワイル氏はそもそも『クロワッサン』の健康特集で知ったのですでにメジャーな方です)、よかったらご覧ください。

 どこでも観られる映画ではないので、観られる方がうらやましいし、私もそのチャンスを待ちたいと思います。

 http://www.gaiasymphony.com/index.html

 この映画の存在を知ったのは大学時代だけど、もう20年近くなり、第七番まで続くとは思わなかった。ずっと大切なことを言ってると思います。

*****

 ここには書かなかったけど、実は首の不調の前にもうひとつ、不調があったのでした。

 ざっくり振り返ると、去年のスティル病→(ステロイド&胃薬終了後)→胃痛→(胃薬の副作用か)乳腺が腫れる→(おさまったと思ったら)→側頸嚢胞の急激な腫れ

 3月のマンモでも引っかかったので乳腺のために訪ねた外科(問題なかった)の先生に、たまたま首についても質問してみたら、「こんな立派な側頸嚢胞は初めて見た!」と言いながら、色んな話をした。スティル病のことも伝えてあったので、

 「私は今、弱ってるってことですよね?」と言うと、

 「何か症状が出てる方がいいんだよ。何も出ないまま大きな病気で突然死んじゃう人だっているから」との反応で、その後は中国の医師の話や統合医療の話をした。

 その先生はたまたま漢方薬に興味を持っている人だったので話せたけど、西洋医学の先生で、全体の話ができる人にはなかなかお目にかかれない。少しずつでいいから統合医療が発展・浸透していってほしい。

 私の場合、スティル病は膠原病内科、胃痛は消化器内科、乳腺の違和感は外科、側頸嚢胞は耳鼻咽喉科にかかったけど、細分化された西洋医学ではなく、例えば中国の先生が舌や目を診てくれたように、総合的に相談できる場所が欲しい。

 問題は実はひとつなんだと思う。

 重要なのは自分自身の免疫力や自然治癒力を引き上げることなわけで・・・。

 自分ではまったく狙ってないけど、これだけ珍しい病気に当たり、色々考えたり調べたりしていると、病気が自分のアイデンティティの一部になってくる。

 たいへんだけど、けっこう楽しかったりもする。

 ほんの少しのことが身体に響きやすい私は、ほんの少しのことでも身体が好転するんだろうと信じている。

 というわけで、統合医療に関するルポなどにも、おいおい挑戦したいなあと思います。

☆ワイル氏から学んだいちばん大きなことは「くつろぐ呼吸法」(『癒す心、治る力』より)

☆漢方薬で最近ヒットしたのは、『衛益顆粒』(えいえきかりゅう)

Photo

 毎日飲むのは費用面でもムリだけど、栄養ドリンク的に、ここぞ!って時に飲むといいような気がする。

 大量に入った箱買いはできないので、バラか12包入りのものだけど、私にとっては美味しい、効く~って感じの味です。

         

          

             

|

«  古典的かつ未来的 | トップページ |  点と点が線になる »

健康」カテゴリの記事